専門家に相続放棄の相談を【必ず受け取らなくてもよし】

残った遺産の利益を考えよう!相続放棄の相談

専門家に相続放棄の相談を【必ず受け取らなくてもよし】

親族の権利

親戚が亡くなり、遺産が残っている場合は親族同士で遺産を受け取ることができます。不動産を持っている場合は、それを自分のものにできる可能性があるので相続の相談は大切です。

相続の受け取り

大阪でも多くの人が悩まされる相続は、相続放棄も可能です。故人が残る遺産はお金になるものだけではなく、その方が残した借金も相続対象となります。そのため、得られる遺産と比べて借金が多い場合は放棄するか考えることも大切です。

相続の手続きの流れ

死亡手続きの処理

親族の故人が残した遺産を受け取るためにも、その故人の死亡届の提出・死体火葬許可書など提出に必要なものをしっかりと出すことが大切です。また、相続の申請ができる期間は決められているので早めに対応しましょう。

遺産調査

必要書類の提出後は、故人の遺産がどのくらい残っているのかの調査を行ないます。その結果残った相続額がマイナスなのかプラスなのか分かるので、その内容次第によっては相続放棄の手続きも早めに行なうことが大切です。

親族内での分配

相続を受け取ることで話を進める場合は、弁護士同席の中、親族同士で遺産の分配方法について話しましょう。その際遺言書がある場合、その内容に従って分配される可能性が高いのですが、ない場合は親族同士の話し合いで決まることが多い傾向にあります。

広告募集中