身内同士での争い回避「相続の話し合いは第三者を交えよう」

故人から引き継がれる権利!自分が受け取れる相続を知る

身内同士での争い回避「相続の話し合いは第三者を交えよう」

パートナーと別れる

浮気が理由でパートナーと離婚する場合は、相手に明確な問題があることで別れることになったため、慰謝料請求の申し立てができる場合があります。子供がいる場合は慰謝料で生活を安定させられるかもしれないのでしっかりと弁護士に相談しましょう。

相続権の保有

慰謝料を受け取る方が不慮の事故に遭って亡くなった場合、親族に相続の権利があります。弁護士を通してしっかりと手続きをすることで、親族が受け取る予定だった慰謝料の権利をもらうことができます。

解決方法の比較

身内で解決

相続の問題は身内同士の話し合いで解決ができます。身内同士なら第三者に話しを聞かせないといけないことがなく、弁護士に対しての依頼料も発生しません。

専門家に相談

相続の話は受け取れる金額によって弁護士を間に立たせることが大切です。そうすることで身内同士のトラブルを避けられる可能性があります。また、大阪にも弁護士事務所はたくさんあるのでしっかりと適しているところを見つけましょう。

広告募集中